講座「中須東原遺跡の未来をみんなで語ろう」が開催されました。

益田市文化財課では、中須東原遺跡の国史跡指定を目指しており、あわせて将来的な整備計画の策定作業を進めています。今後、どのような整備・活用を進めていくべきか、市民のみなさまのご意見をいただくため、講座「中須東原遺跡の未来をみんなで語ろう」を10月27日に開催しました。
文化財課職員より中須東原遺跡の発掘調査成果や、市内の遺跡整備事例について紹介した後、全国の史跡・名勝の整備事業等にご活躍されている、(株)空間文化開発機構の真鍋氏より全国の遺跡整備・活用事例についてご報告いただきました。

その結果は、中須東原遺跡整備検討委員会等において提案し、整備計画にも活かしていくこととしています。(益田市ホームページより)

 

「中須東原遺跡の未来をみんなで語ろう」のまとめ

中須東原遺跡を本格的に整備するまでの間、全国に知ってもらうためのPR方法について 参加者の皆さんに話し合っていただいたところ、中須東原遺跡にとどまらず、市内の文化財 全体についてたくさんのご意見をいただきました。いただいたご意見を関連するものごとに カテゴリーとしてまとめ、以下にご紹介します。

中須東原遺跡をもっと知ってもらうためには?
(参加者の皆さまより、下記の意見が出たそうです)

  • 遺跡の説明板を作る
  • PR用の写真を収めたCDを作成して販売する
  • 東原遺跡独自のHPを作る

    広報の徹底 調査・研究について
  • 研究者をもっと利用してはどうか
  • 研究会の誘致 ・調査・研究の推進、蓄積 ・シンポジウムの開催
  • 地元住民へのPR

    人づくり
  • ボランティア活動は大事
  • 地元の文化団体を活かす
  • 幼児期からの継続的な周知の取り組み
  • 記念植樹 ・副読本で子どもへの郷土史教育

    益田川を活かそう!
    1.川下りを企画
  • 益田川(今市川)の川下り
  • 三宅御土居から河口へ
    2.サイクリングロードの整備
  • 中世サイクリングロード
  • 川べり(土手)をサイクリングする
    3.ウォーキング
  • 七尾地域から益田川河口まで
  • 歴史街道(七尾、三宅)
  • 実際に周辺を歩いて意見を出してもらう
  • 土手を歩く
  • 中須から三宅へ 川べりウォーク
  • ロードの横には季節を感じる植物を (川上は桜並木、川下は松林、ススキ、彼岸花など)

    景観のこと
  • 四季を感じる景観
  • 景観木
  • ふるさと(生まれ育った環境)
  • 川沿い 景観木は四季を感じさせる

    ビューポイント
  • 海から見た遺跡
  • 櫛代賀姫神社の高台から観る
  • 展望台を作る
  • 周辺の身近なビューポイントを活かす(ススキ、彼岸花のある風景など)

    整備活用について
  • 【体験する・学び】
    • バーチャルの世界
    • 昔の生活体験
  • 【集う・交流する】
    • 産直市、まつりなど、人の集まりが大事
    • 外観は中世の商家風。中は産直市にする
    • 地元のまつりに使う
    • 地元民参画の企画が大事
  • 【公園化】
    • 水辺公園として船着場を再現する
    • 歴史公園 ・子供のため
  • 【湊として】
    • 東南アジアに向けて開かれた湊としての整備
    • 海からみる益田を体感するため、遊覧船を出す(お弁当付きだとよい)
  • 【施設】
    • 施設なしで考えてみる
    • 古民家の活用
    • 既設の物(建物、景観)を活かす
    • 街中ミュージアム構想がいい
    • 案内板作成(道路案内)
  • 交流・ネットワーク
    • 中須東原遺跡だけではなく、三宅御土居と一体でないといけない
    • 医光寺、萬福寺との連動
    • 全国の港湾遺跡(十三湊など)との交流
    • 津和野、萩との連携を視野に整備に取り組む
  • 古文書のこと
    • 益田家文書を活用する
    • 益田家文書里帰り展(石見美術館)
    • 図書館で益田家文書の閲覧を可能にしてほしい
    • 益田藤兼文書の購入
    • 市民カンパで文書の購入を(市民の興味もわくのでは)
  • その他
    • 寺とのセットが大事
    • 水の駅構想
    • 地域とのつながり
    • 地元の人の聞き取り
    • 市民を巻き込むためには?
    • 地元の人に参加してほしい
    • 発掘調査に地元住民を(積極的活用)
    • 益田は地区ごとにバラバラで一体感が感じられない。
    • 総合振興計画に歴史を活かしたまちづくり構想を盛り込む
  • 最後に、遺跡整備に成功するためのポイント(講師発表より)
    • 楽でないと長続きしない
    • イベントで楽しい思い出づくり
    • 子どもたちに誇りを持たせよ
    • 誇りが持てない遺跡にはぺんぺん草が生える